シミに効く成分の働き方は二種類あります。
一つは、シミの元となるメラニンを作らないようにするメラニン抑制作用です。
この働きをしてくれる厚生労働省に認められた美白有効成分は、ビタミン誘導体、ハイドロキノン(アルブチンなど)、コウジ酸、エラグ酸、ルシノール、リノール酸、4MSK、αーメラノ、マグナリグナン、エナジーシグナルAMP、プラセンタエキス、カモミラET、トラネキサム酸(トランサミン)があります。
この中でも有名なハイドロキノン、プラセンタエキスについて詳しく説明します。
ハイドロキノンは近年日本で有名になっていている成分ですが、アメリカではずっと前から美肌成分として使用されていました。
ビタミンCなどの美白成分のなんと10~100倍のシミの予防効果があると言われています。
ハイドロキノンは還元作用があるので、しみの色素沈着を防ぐことができます。
肌に用いられるのは通常1?5パーセントの濃度で、濃すぎると肌荒れなどの副作用を引き起こす原因となってしまいます。
プラセンタエキスは一番有名ではないでしょうか。
プラセンタとはそもそも胎盤のことです。
細胞の代謝(ターンオーバー)を促進してくれる上に抗酸化作用もあるので、美白以外にもお肌のハリツヤ、アンチエイジングにも効果がある優れものです。
もう一つの作用は、既にできてしまったシミを薄くするメラニン還元作用です。
ビタミンC誘導体がこの働きをしてくれます。
ビタミンCとは、より効果的に角質層まで浸透しやすくしたビタミンCのことです。
シミの予防か、シミを消すのか、自分の目的に合わせて有効成分を選ぶようにしてください。
詳しく知りたい方はこちらを参考にしてください。⇒シミに効く 成分

関連記事