太陽光発電を導入すると太陽光パネルを屋根に設置する事になりますが、冬の季節になると雪が降るので積雪量が多い時は太陽光パネルの上に積もってしまう事もよくあります。
太陽光パネルの上に雪が積もってしまうとトラブルに発展する可能性もあるので注意が必要です。
そこで太陽光発電の雪によるトラブルはどのようなものがあるのか見ていく事にしましょう。

発電しなくなる

雪が降ると太陽光パネルの上に雪が積もってしまいますが、長期間に雪が積もった状態になっていると発電しなくなってしまいます。
特にたくさん雪が降る地域で太陽光発電を導入する時は太陽光パネルに雪が積もった時はこまめに雪かきをする必要があります。

太陽光パネルが損傷する

雪は水分を含んでいるので意外と重さがあります。
積雪量が多くなって太陽光パネルの上に雪が積もると重さに耐えられなくなって太陽光パネルが損傷してしまう事があります。
太陽光パネルが損傷してしまうと発電する事が出来なくなる可能性もあるので注意が必要です。

落雪しやすくなる

太陽光パネルは滑りやすいので雪が積もった時に落雪する可能性があります。
庭などにいて突然雪が落ちてくる事もあるので怪我をしないように注意する必要があります。
太陽光発電が気になった方はこちらも参考にしてください。⇒太陽光発電 雪

関連記事