どんなに丈夫な家でも、長年に渡り住んでいれば、必ず何処か不具合が出てくる。
数ある不具合の中でも多いのが、屋根である。
屋根は雨風等に常にさらされている為に、劣化するスピードが早く、早期発見して修復しなければならない。
これを見逃してしまうと、雨漏りによる腐食やカビの繁殖などが起こり、深刻な被害を出してしまう。
その為に屋根のリフォームが必要になるのだが、屋根のリフォーム費用は案外安くはない。
一般的なリフォーム費用の相場は50万円未満と50万円から100万円にかけて、100万円から150万円にかけてが大半を占める。
50万円未満の作業内容は、主に屋根の塗装が中心となる。
それ以外にも、補修などもある。
50万円から100万円の作業内容は、葺き替え工事が中心となる。
この作業は屋根自体を取り替えるので、高額な費用になる。
工期も長くなるので、その点も注意しておいた方が良いかもしれない。
最後に100万円から150万という高額な費用だが、これは特殊な材料を用いての葺き替え工事になる。
例えば、金属や天然石や軽量瓦などである。
上記の費用以上のリフォームも存在し、より高額な費用を負担しても良いという方は検討しても良いだろう。
費用が上がれば、それに比例して、より頑強な屋根に仕上がるだろう。

参考はこちら→ 屋根 リフォーム費用 相場

関連記事