太陽光発電は太陽のエネルギーを利用していますので、雨や曇りなどで太陽が隠れてしまいますと影響が出てしまうのではと不安に考えている方も多いのではないでしょうか。
確かに、晴れの日にくらべますと発電量は落ちてしまいますが雨や曇りの日でも日中なら発電はしています。
このように太陽光発電は天候によって、発電量が変化します。
つまり、天候によって発電量が左右されるデメリットはあります。
そこで注目をされているのが、晴れた日に太陽のエネルギーを取り組み蓄電しておけるバッテリーです。
蓄電バッテリーがあることによって、天候が悪い日でもエネルギーを効率よく使えるメリットがあります。
自然のエネルギーを利用していますので、太陽光発電は地球環境に優しいエコなエネルギーとして注目を集めています。
しかし、エネルギーを生み出すためには天候や気温などの自然を考慮しなければいけないため安定したエネルギーを生み出すためにはどうしてもムラができてしまいます。
太陽光発電は天候に左右されるデメリットがありますが、バッテリーを利用してエネルギーを効率よく使う必要があります。
太陽光発電を導入する際には天候のデメリットを含めて計画を立てる必要があります。
興味を持った方はこちらも参考にしてください。⇒太陽光発電 天候

関連記事