まずはじめに、暑かったり運動をしたわけでもないのに、

なぜか生活に支障をきたす程の大量の汗が出てくる、このことを多汗症といいます。

手、足、腋の下などによくその症状が見られます。

この多汗症の原因には様々なものがありますが、その一つとして精神的ストレスがあげられます。

精神的に問題により恐怖心などを覚え発汗してしまうことから、別名「発汗恐怖症」とも呼ばれます。

ですが多汗症とは、「精神的異常」なものではなく、「身体的異常」にあてはまる病気です。

一番多い精神的ストレスからくる発汗の解決方法を説明します。

ストレスにより交感神経が発達して多汗症になってしまうことから、この交感神経の働きを抑える必要があります。

交感神経の働きにより汗腺は活発化されてしまいます。

そのため、その汗腺の治療が必要となります。

また本当に精神的に自分が問題を抱えているのであれば、病院に通いそこから治療を始めなくてはいけません。

これは自分の発汗が精神的ストレスからきているとわかっている人に該当します。

なぜ発汗するのかいあいち理由のわかっていない人は、まずその理由を探ることが重要となってきます。

ホルモンバランスの乱れや、生活習慣により発汗するケースも少なくないので、そこを見直すことも重要です。

関連記事

    None Found