断食をすることで痩せられるという事はダイエットの定番なのですが、その分体にかかる負担も大きく、リバウンドを引き起こしやすいといわれています。
断食をしている最中はいつもお腹がすいているので食べ物の事ばかり考えてしまいます。
3日水だけで過ごしたとして、断食期間が過ぎた後、その食べ物欲求が爆発してしまい、
お手軽な菓子パンなどの炭水化物食品を大量に取ってしまい、リバウンドという結果におちいってしまうのです。
ただ、断食というダイエット方法ははるか昔から確立されていて、
有効期間や効率的な断食方法など、ある程度は完成されている物なのです。
第一に、断食は長くても2日までにしましょう。
何も口にしないという事は心身ともに大きな負担となり、飢餓状態を満たそうと食べ物欲求が飛躍してしまうのです、
ですので中期間行うことは厳禁なのです。
第二に、ハードルを緩めるという事です。
たとえば果物だけだったら口にしてもよいなど、カロリーの低いものならば食していいとハードルを緩める方法です、
これなら体に負担も少なく欲求がある程度満たされるので、リバウンドの心配もあまりありません。
要はダイエットという行為は体に大きな負担になりますので、少しづつの負担から始めると効率よくダイエットが行えるという事なのです。
こちらのサイトも参考にしてみてください
断食 リバウンド

関連記事


    食べたらいけないと思うほど、食べたくなるのがダイエット中のおやつです。 ]我慢をすればする程、あとで後悔するほど食べてしまうなんてこともあります。 ダイエット中のこの葛藤はどうしたら良いのでしょうか。…