綺麗な歯並びは誰もが憧れると思います。
しかし、綺麗な歯並びを手に入れる為には目立つ矯正装置を年単位で装着しておかなければなりません。

 

舌側矯正、または裏側矯正と呼ばれる矯正方法で矯正すると、装置が裏側に付いているため、表側からはほとんど見えません。
この矯正方法は「見えない矯正」と呼ばれ、近年歯科医院で人気の高い矯正治療だそうです。

 

普通矯正と言えば、銀色の装置が歯の表目にあるイメージですが、この裏側矯正だと若い女性もあまり見た目を気にすることなく矯正できるのがいいですね。
もちろん、子供の場合でも裏側矯正で矯正する事ができるので、見た目が原因のいじめなどの心配がありません。

 

見た目を犠牲にする矯正の時代から、見た目が気にならない矯正の時代に変わってきたんですね。

関連記事


    社会人になってから、 将来の婚活に備えて歯科矯正を始めました。 正直に言ってお給料がそんなに良いところではありませんから(^_^;)、 ローンで月々支払いながら広島にて矯正歯科してもらっています。 …


    患者に対する情報の公表と、患者側の自己選択を重要視すれば、それに見合った職責が医者の方へ激しく望まれるのです。歯を白くするデンタルホワイトニングは、歯表面に付着したゴミや汚れなどを念入りに取った後にお…


    奥深い歯周ポケットと呼ばれる歯と歯茎の隙間には、汚いプラークが入り込みやすく、そのようにたまったケースでは、毎日の歯のブラッシングのみ実施したのでは、完全に取るのは不可能です。歯を削って白くするための…


    最初は歯周病の細菌が歯の表面にくっつき、それが引き金となって歯ぐきが炎症を起こしてしまって赤くなって傷んだり、歯を磨くと血が出るような状態が歯肉炎の病状なのです。歯科で歯のクリーニングをしてもらうのは…


    診療用の機材といったハード面において、社会から求められる、歯科医が自宅を訪問する歯科診療のニーズに応えることが可能なステージには届いているという事が言ってもよいと思います。歯冠継続歯が変色してしまう原…