Processed with VSCO with f2 preset

誰も傷つけない脱毛を目指したいです。
私は、脱毛をする会社等に従事しているわけではないのですが、それでも目指したいです。
サポーターとして。
脱毛に憧れ、調べてきたものとして、影から脱毛をサポートしていきたいのです。
脱毛業界における、縁の下の力持ちになっていきたいのです。

 

それでは、誰かを傷つける脱毛を考えてみましょう。
これは、正しく、痛い脱毛です。
痛いと、もう受けたくなくなってしまいます。
途中でやめてしまうほど痛い脱毛ですと、脱毛の状態も中途半端になってしまいます。

 

料金を払おうとしてくれていた両親等も、ガッカリしてしまうかもしれません。
その両親の悲しむ顔を見て、娘さんも力を落とされることでしょう。
ここまでで、たくさんの人が傷ついています。

 

途中でやめられるような痛さで施術を続けていた会社。
ここで働く若者も、傷つくことでしょう。
「くっ、僕がやりたい施術はこんなんじゃあないんだ!でも!会社の方針が!」
こんなことを思い、悔やんでいるのかもしれません。

 

こういったことが起こらない社会になってほしいです。

関連記事


    VIO脱毛のメリット VIO脱毛って、一昔前は考えられなかったですけど、今ってもう普通のことになってますよね。 脱毛サロンでする方もいれば、ブラジリアンワックスでVIO脱毛する方もいるみたいです。 海…


    男性のアイドルってやっぱりヒゲの脱毛をしているのでしょうか? 一般の男性であんなにつるつるってなかなか見ないですもんね。 最近はエピレなどの格安の脱毛エステがたくさんあるおかげで女性はムダ毛の無いス…


    私は週末になると、決まって顔のムダ毛を京都でカミソリ脱毛します。 顔のムダ毛って、すごく目立ちますよね。 特に気になる箇所が、鼻の下と口角の上に生えているムダ毛です。 ようするに、ヒゲです!女性のヒ…


    しがないOLの給料で、そうそう長野の脱毛エステで顔は永久脱毛 出来ませんよ?   普通は剃刀だと思う。自分が不安なら、プロに頼むしかないじゃない( ̄^ ̄)ムキーッ!とか思って、会社の女子社…


    ムダ毛ケアの方法には、シンプルな使い方の脱毛クリームを筆頭に、自宅用の脱毛器、エステティックサロンなど方法はいっぱいあります。お財布事情や生活周期に合わせて、ベストなものを採用するよう配慮しましょう。…