太陽光発電は、何かと話題になっていると思います。
太陽光発電は、再生が可能なエネルギーとして様々な点から注目されています。
各先進国でも、代わりとなるエネルギーの最有力候補とも言われています。
そんな太陽光発電ですが、海外での太陽光発電事情はどのようになっているのでしょうか?
海外でも、太陽光発電が普及してきています。
大きな太陽光発電の普及は、アメリカやオーストラリアなどの国が盛んとなっています。
住宅型の太陽光発電システムの技術は、日本は世界の先進国となっています。
ですが、普及という点から見ると日本より、ドイツやスペインなどの国が先を行っています。
ドイツでの太陽光発電の設置量が多い理由としては、太陽光発電などの再生可能エネルギーを源に発電された電力を、20年の間高額買取することを義務つける法律があるためです。
スペインでも、エネルギー多様化などに向け積極的に太陽光発電などの再生可能エネルギー導入を推薦する法令が数多くあります。
そのため、設置量が増えているというわけです。
このように日本だけではなく、数多くの海外の国々でも太陽光発電は普及してきていることが分かります。
まだまだ海外にも、様々な太陽光発電事情があると思います。
興味を持った方はこちらも参考にしてください。⇒海外 太陽光発電

関連記事


    太陽光発電は太陽のエネルギーを利用していますので、雨や曇りなどで太陽が隠れてしまいますと影響が出てしまうのではと不安に考えている方も多いのではないでしょうか。 確かに、晴れの日にくらべますと発電量は落…


    太陽光発電を導入すると太陽光パネルを屋根に設置する事になりますが、冬の季節になると雪が降るので積雪量が多い時は太陽光パネルの上に積もってしまう事もよくあります。 太陽光パネルの上に雪が積もってしまうと…


    太陽光発電には、日照時間というものが欠かせません。 その日照時間がいい都道府県はどのあたりなのでしょうか? 日照時間が高いレベルなのは、埼玉県や山梨県、群馬県、茨城といった関東あたりや愛知県や静岡県、…


    太陽光発電を付けるのには、結構な大金がかかってきます。 本当に設置をすることにより、お得なのかなど様々な不安があると思います。 ですが、一番嫌なのは設置した後に失敗したなと思うことです。 せっかく大金…