現在、和牛は世界から称賛され、「WAGYU」という言葉も広まっています。
そんななか海外では、和牛と黒毛アンガス牛を交配させた交雑種を「神戸ビーフ風として販売しています。
本物の和牛を「True Japanese 100%WAGYU Beefと表記するのに対し、外国産和牛のことを「American WAGYU」と称して区別し、価格も和牛の6分の1程度に抑えてあります。
 

牛肉の格付けでよく聞く「A5ランク」「A4ランク」とは?
「A5ランクの黒毛和牛」など、肉の等級を示す表記があります。焼肉店や精肉店で見かけることも多いでしょう。
たいていの場合、飲食店や精肉店で目にするのはA5かA4ランクなので、
もしかしたら「A1~3ランクはあるのかな?」と疑問を持った人もいるでしょ

このランクは、「日本食肉格付協会(JMGA)」が審査して決めています。
格付けの始まりは1962(昭和37)年。
食肉の流通を合理化するための一環として導入されました。
格付けは「A、B、C」の英字と「5、4、3、2、1」の数字を組み合わせた、計15区分で評価されます。
最も上のランクは、皆さんがよく見るA5になります。

では、これらのランクは何を意味しているのか。
まずアルファベットは、「歩留等級」を示したものです。
歩留とは、枝肉から骨や筋を取り除いた際に、とれる肉の量です。
ちなみに枝肉とは、牛から内臓を取り除いた状態の肉のことを指します。
 
この歩留基準値が72以上ならば「A」、69~72未満なら「B」、69未満なら「C」とランク付けされます。
Bが標準にあたります。
ただ、あくまで「とれる肉の量」の話ですので、BだからCだからといって、質が悪いとはなりません。

続いて数字は、「肉質等級」を表します。
肉質は、「脂肪交雑(サシ)」「肉の色沢」「肉の締まりおよびきめ」「脂肪の色沢」の4項目を、見た目だけでジャッジします。

機械を使って、数値で判断というものではありませんし、あくまでも見た目の話なので、これも味や肉の質を表すものではありません。
つまり、消費者に知らされていないだけで、B4やC3の肉も存在するというわけです。

このことから言えるのは、巷で最高級と言われている「A5ランクの牛肉は「歩留がよくて霜降りが入っていてやわらかい」という意味は表していますが、一方で、おいしさや味の保証をするものではないということです。

最近流行の赤身肉は、大半がA2やA3ランクの肉ですが美味しいと話題になっています。

以下をご確認下さい。
↓↓↓↓↓↓
牛肉通販

関連記事